専業主婦がカードローンを申し込む場合の審査内容とは?
旦那に知られずにカードローンを申し込むこともできる

主婦におすすめのカードローンはこちら

専業主婦カードローンを申し込む際のローン審査の詳しい内容

専業主婦カードローンに対応しているのは、一部の銀行や信用金庫で提供されているカードローンとなります。 消費者金融や信販会社は貸金業にあたり、総量規制が適用されます。総量規制とは年収の3分の1以内を利用限度額とする決まりのことです。 専業主婦の場合は、収入を得るための仕事についていないため、限度額の設定自体ができなくなり、申し込み対象者から外されています。

その点、銀行や信用金庫は貸金業に当たらないことから、総量規制が適用されることがありません。 収入のない方の申し込みを受け付けていない場合もありますが、カードローンの説明書に専業主婦でも申し込みが可能かどうか記載がありますので、 事前に詳細を確認しておくといいでしょう。

本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入があれば、申し込みを認めるなどの記述があれば安心して手続きができます。 ローン審査では、配偶者の収入や返済能力が調査されます。銀行や信用金庫によっては、 配偶者の源泉徴収票や確定申告書などの写しの提出を求められる場合があったり、勤務先への在籍確認があったりする場合があります。

また、配偶者からの貸付の許可証や同意書などの書類の提出も求める金融機関もあります。ご主人が何らかの金融トラブルを起こしていて、 信用情報機関に悪い情報が記載されていると、審査に通らない可能性も高くなります。 旦那に内緒で借り入れをしたい場合には、配偶者の収入がわかる証明書や同意書の提出がなくてもカードローンに申し込める場合があります。

ローン審査でご主人の勤務先に電話がかけられる心配もないため、家族に心配をかけたくない専業主婦の方でも安心して申し込みができます。 ただ、信用度が低めとなりますので、借入限度額が一律に少なめに抑えられることがあり、多くても50万円以下とされます。 増額申請をしても通りませんので、おまとめローンなどの利用には向かないことがあります。

主婦におすすめのカードローンはこちら

↑ PAGE TOP