お金を借りる際によく耳にする
総量規制についてご説明します

総量規制対象外のカードローン 詳細はこちら

総量規制とは

(http://www.0570-051-051.jp/contents/user/1-1.html)日本貸金業協会からの引用です。 総量規制とは

総量規制について簡単に説明するとこうなります

  • 借りれるお金は年収の3分の1まで
  • 総量規制の対象外となるのは個人向けの貸付のみ
  • 1社で50万円or複数の金融業者から100万円を超える場合は収入の証明書が必要
  • 消費者金融やクレジット会社は総量規制の対象
  • 銀行系は総量規制の対象とならない
  • 担保があれば対象外
  • おまとめローンは対象外

昔は誰でも上限なくお金を借りることができたのですが、お金を借りた額が多すぎて現状の収入では返済しきれないという人が続出したため、 多額の借り入れをする場合は、所得(収入)の証明が必要となりました。 また、消費者金融やクレジット会社は総量規制の対象となるのに対して、銀行系のカードローンなどは総量規制の対象とならないという特徴があります。

そのため、収入証明不要で50万円を超えるお金を貸してくれるという金融業者は基本的に銀行系のサービスのみとなっています。 しかし、収入証明が不要とは言え、審査が甘いという訳ではありません。 しっかりと返済能力を審査をした上での貸付となるので、少額であっても自己の返済能力と照らし合わせて、 確実に返済できる額だけの借り入れに留めることが大切です。

総量規制対象外のカードローン 詳細はこちら

↑ PAGE TOP