銀行系カードローンのメリットとデメリットについて
銀行系カードローンと消費者金融との違いは?

おすすめの銀行系カードローンはこちら

銀行系カードローン

ATM

カードローンとは、銀行や消費者金融が提供する融資サービスのことで、初めに審査を受けて、 審査を通過するとカードローン機能の付いたカードが送られてきます。 そのカードで必要な時にいつでもATMなどから現金を引き出すことができるようになるので、 自分の銀行口座に預金しているお金をATMから引き出す作業とほぼ同じ内容です。

違いがあるとすれば、預金を引き出す時は自分のお金を使っているので、口座にお金を戻す必要がないのに対して、 カードローンの場合はお金を借りているということになるので、返済期日までに引き出したお金を戻す必要があるということです。 そして銀行系カードローンというのは、消費者金融ではなく銀行が提供しているカードローンという事になります。

キャッシングとカードローンの違いについて

キャッシングとカードローンの違いについて以下のようにまとめてみました。

キャッシングの特徴

  • 限度額(借りられる金額)が低い場合が多い
  • 利息は高め
  • 返済が一括払いやリボ払い
  • 審査が早い場合が多い

カードローンの特徴

  • 限度額(借りられる金額)が高い場合が多い
  • 利息は低め
  • 返済が分割払いやリボ払い

キャッシングは借りられる限度額が数万円~数十万円と少なく利息が高いという事が多いのに対して、 カードローンの場合は借りられる限度額が数十万円~数百万円など高く、利息は低いという事が多いようです。

限度額についてですが、あくまで借りられる限度ということなので、 限度額数百万円のカードローンだったとしても、 5万円だけATMから引き出すといった使い方もできます。

おすすめの銀行系カードローンはこちら

銀行系カードローンの最大の特徴

注目

銀行系カードローンの最大の特徴と言えば、総量規制の対象外ということです。 総量規制について簡単な説明をすると「年収の3分の1までしかお金を借りることができない」というものです。 (総量規制ついて詳しく知りたい場合はこちら)

しかし総量規制の対象となるのは消費者金融のみで、銀行は対象外なので年収の3分の1以上の融資を受けることが出来るということになります。

例えば年収300万円の人が200万円の車を買いたい時に、消費者金融のカードローンでは総量規制に引っかかってしまうので 絶対にお金を借りることはできませんが、銀行系のカードローンでならお金を借りれる場合もあるということです。

おすすめの銀行系カードローンはこちら

関連記事

↑ PAGE TOP